はちみつレモンの栄養効能!食べ方に便秘や二日酔い下痢にも効果的?

こんにちは、管理人のラトンです。

 

運動部の部活などでマネージャーの人が
作ってくれる差し入れのイメージに
「はちみつレモン」があります。

 

レモンをはちみつに漬け込むだけで出来て
風邪の予防や部活や夏バテなどの
疲労回復効果などもある

結構優れた食品なんですよね。

その蜂蜜レモン他にも薬用効果があったりして
体の調子を整えてくれるのに一役買ってくれます


「Sponsored link」

今回はその「はちみつレモン」について
ちょっと見ていくことにしましょう。

それではしばしお付き合い下さいませ。

 

はちみつレモンの栄養効能!食べ方に便秘や下痢に二日酔いにも効果的?

レモンやはちみつの栄養について

先にレモンやはちみつの
栄養について少し詳しく見てみましょう。

 

「レモンの栄養について」

「100gあたり26kcal」のレモンは
クエンの別称を持ち

あの酸っぱい事で有名な
クエン酸の名前の由来になっているといいます。

 

クエン酸はエネルギー代謝に
重要な関わりを持っていまして

体に蓄積された疲労のもとである
乳酸の生成を妨げて疲労の回復効果

脂肪などの代謝を促進する
効果があります。

 

もちろんビタミンCが豊富ですので
シミやソバカスなどの原因にもなる

メラニン色素の発生を抑えこんだり
免疫力をアップすることにより
風邪など病気の予防にも役立ちます。

 

主な栄養素としては

ビタミンC、クエン酸、葉酸

などがあげられますね。


「はちみつの栄養」

「100gあたり294kcal」
なかなかに高カロリーな食材である
はちみつですけど

その栄養成分はかなり豊富で

 

「ビタミン」

ビタミンC、B1、B2、B6
B12、K、ナイアシン

 

「ミネラル」

ナトリウム、リン、鉄、カルシウム

カリウム、マグネシウム、銅

亜鉛、マンガン

 

「アミノ酸」

バリン、ロイシン、イソロイシン

アラニン、アルギニン、リジン

アスパラギン酸、グルタミン酸

プロリン、スレオニン、メチオニン

ヒスチジン、フェニルアラニン

チロシン、グリシン、セリン

 

と、この他にも各種ポリフェノールも
含まれていてかなり栄養豊富です。

 

カロリーが意外と高いと書きましたけど
通常の白砂糖に比べると

 

蜂蜜・・・「100gあたり294kcal」

上白糖・・「100gあたり384kcal」

 

とこんな具合に蜂蜜の方がカロリー自体は低く
甘さも感じやすいので砂糖の半分位の量で

同じくらいの甘さを
感じることができるといいます。

 

 

体が弱っている時の疲労回復効果に加えて

カリウム効果で体内の余分な塩分を
体外に出してくれるので

高血圧の予防効果に
体のむくみの解消にもなります。

 

あと風邪をひいた時の咳止め効果に
のどの痛み、炎症を抑えてくれる
効果なども期待出来るので

レモンと合わせると
風邪などの予防には最適なんですね。

 

ただ、ご存知だとは思いますが
ごく僅かですけど乳児ボツリヌス中毒の
可能性もあるので

1歳未満の乳児には
与えないよう注意する必要があります。


「Sponsored link」

はちみつレモンの便秘、下痢、二日酔いなどの薬効効果

では風邪などの予防になることで有名な
はちみつレモンですけど

その他の薬効効果について見ていきます。

 

「便秘への効果」

便秘を解消するならまず食物繊維が
思い浮かぶんですけど

 

朝のご飯前に飲むホットレモンも
便秘の解消にはいいそうです。

作っておいたはちみつレモンに
適温のお湯を注げばあっという間に完成。

 

飲むことにより消化器系が刺激されて
身体が栄養素を吸収しやすくしてくれます。

 

更にはちみつに含まれる
「グルコン酸」という成分のおかげで

大腸まで届き、腸内の善玉菌である
ビフィズス菌の餌になって
増やしてくれる働きもあります。

 

あと便の水分が腸へと吸収されていくのを
防ぐので排便をスムーズに
してくれるんですね。


「下痢の症状にも効果的」

下痢は便秘と反対の症状ですけど
はちみつには腸内の環境を
整えてくれる効果が期待できますので

下痢の方にも効果があるんですね。

 

加えてレモンに含まれる
「ペクチン」の成分は食物繊維から
なっていまして

高い整腸作用があることから
下痢にも効果的です。

 

お腹の調子が「?」となったら
はちみつレモンをお湯で割ったものを
1杯飲んで見るといいでしょう。


「二日酔いにも効果あり」

お酒を飲み過ぎたことから起こる「二日酔い」

 

本来なら二日酔いの原因となる
アセトアルデヒドの成分を
更に分解するのですが

飲み過ぎてしまうと
肝臓が分解できる許容量を超えてしまうため
体内にアセトアルデヒドが残ってしまい

結果的に二日酔いという症状になります。

 

こういった時はちみつの成分が効果的で
はちみつに含まれる「果糖」の成分は
アルコールの分解を助けてくれます。

 

加えてレモンのビタミンCには
疲労している肝臓の回復効果があり

更には血中のアセトアルデヒドの量を
減らしてくれる効果もあるので
二日酔いにかなり効果を発揮します。

 

あとはレモンに含まれるクエン酸はアルカリ性で
二日酔いの時には身体は酸性の状態に
なっていますから

中和作用もあるわけですね。

 

はちみつとレモンの相乗効果で
二日酔いにもかなり効果的に
働いてくれます。

二日酔いの時には水分を多量に必要としますから
はちみつレモンと水を割ったものを
摂取するといいでしょう。

 

はちみつレモンの効果的な食べ方、飲み方について

だいたい↑のあたりで
書いてしまったような気もしますけど

はちみつレモンの効果的な摂取方法について。

 

一番オーソドックスで簡単なのは
やはりお湯や水で割ってレモネードな
状態にして頂くことででしょうか。

20150928-34

朝のご飯前に暖かいレモネードを
一杯飲むことで整腸作用が期待できます。

風邪に二日酔い、お腹の調子を整えるなど
様々な不調を整えるのに最適な摂取方法でしょう

 

 

冬の寒い時期には
暖かい紅茶に入れてレモンティーに。

夏の熱い時期には炭酸水を入れて
レモンスカッシュにするのもいいです。

 

あとはヨーグルトに入れて
手軽に摂取という方法もありますね。

他の果物とも合わせやすいので
食べ方については応用範囲広いかなと思います。

 

今回のまとめ

はい、そんなわけで今回は
はちみつレモンについての栄養効果に

身体の不調を整える薬効効果などについて
紹介していきました。

 

本当、レモンとはちみつをあわせるだけで
かなり栄養豊富な食材になりますから
時間ある時に仕込んで

日頃の美容と健康に
役立てていきたいところですね。

 

はちみつレモンで疲れ知らずで
ハツラツとした毎日を送っていきましょうー。

ではでは今回の内容は以上です。
また次回にお会いしましょう~。


「Sponsored link」


コメントを残す