アントシアニンを糖尿病眼精疲労対策に!栄養効能や多い食品は?

こんにちは、管理人のラトンです。

 

現代社会においては
もうパソコンを使うのは当たり前。

スマホに携帯と日夜ずっと
使用している人も多いのではないでしょうか。

 

しかしそうしてずっと目を酷使していると
眼の奥に鈍痛がきたり肩こりひどくなったりと
眼精疲労の症状がきつくなってくるんですよね

 

そういった時に摂取しておきたいのが
一般的に目の疲れに効果的とされる
「アントシアニン」の栄養素。

でも目の疲れを改善してくれるだけじゃなく
アントシアニンにはその他にも
体に嬉しい効果が含まれています。


「Sponsored link」

今回はそんな「アントシアニン」について
栄養効能、効果や多く含まれている
食品などについてまとめていきたいと思います。

ではでは早速いってみましょー。

 

アントシアニンを糖尿病眼精疲労対策に!栄養効能や多い食品は?

アントシアニンの栄養効能について

アントシアニンについてですけど
主にブルーベリー、紫キャベツ、ナス、紫芋
ブラックベリー、カシスなどなど

基本紫、黒系の野菜や果物などに含まれる
ポリフェノールの一種かつ
もしくは水溶性のフラボノイドになります。

20151021-04

主な体への効能をあげていきますと

 

「疲れ目や眼精疲労に効果的」

疲れ目や眼精疲労に効果的なことで知られる
アントシアニンですが

具体的にどう目に良いのかといいますと

人は物を見る時に当然目を使うことになりますが

 

その時に目、つまりは網膜に入ってきた
光を脳に伝えることで
映像を見ることができています。

この時「ロドプシン」という栄養素が
光を電気信号へとと変換し脳に
映像を伝えてくれているので

このロドプシンが壊れてしまうと
映像が目に伝わりづらくなり
脳まで映像が伝わっていきません。

 

眼精疲労、もしくは疲れ目は
このロドプシンが壊れてしまっている
状態の事を指すわけですね。

 

 

基本ロドプシンは
光を電気信号に変換して一度分解されて

また再合成するといったサイクルを
繰り返しているわけですが

 

昨今パソコンやスマホの画面など
光による情報量が異常に増えていったため

再合成に対して分解スピードが早すぎて
再合成が追いつかない状況に
なりやすいといいます。

 

そうしたロドプシンが減少し続ける状況を
サポートしてくれるのが「アントシアニン」であり

アントシアニンにはロドプシンの
栄養素の再合成を促進するという効果が
含まれているといいます。

 

ロドプシンが多ければ多いほどに
多くの映像を電気信号に変換し
脳に届けることができるので

 

状況を逐一把握する必要のあるパイロット
電車、トラックの運転手などの
職業についている人には

多めに摂取してもらいたい栄養素ですね。


「抗酸化作用で美容、アンチエイジング効果」

あと、アントシアニンには
強力な抗酸化作用があることが判明しています。

 

人は生きている限り
酸素を取り込んでいかないといけませんが

体内に入ることで「活性酸素」になると
体の各部分を錆びさせる有害な物質へと
変貌します。

 

この活性酸素の量が多く
たばこやストレス、紫外線に激しいスポーツを
ずっとる続けるなどしていくと

どんどん体の中の老化現象が
早まっていってしまいます。

 

こうした老化現象を遅くするには
活性酸素の除去が必要になってきますが

その栄養素の1つが
「アントシアニン」というわけです。

 

アントシアニンにもいくつかの種類があり

中でもブルーベリー、カシス
ビルベリーなどに含まれている

「デルフィジニン」「アニジン」と呼ばれる
栄養素に至っては抗酸化力が特に強力なようです

 

強力な抗酸化作用によって
体内の活性酸素を除去

そして細胞の老化予防に
肌にツヤに張りを与えるなど
女性の方には特に嬉しいと思われる
効果を含んでいます。


「Sponsored link」

「糖尿病対策にもなる?」

糖質の高いものを
食べてばかりいた結果

インスリンの分泌量が少なくなっていき
血中が常に高血糖状態になることを
糖尿病といいますけど

あとは「インスリン抵抗性」という部分も
関わっているといいます。

 

インスリン抵抗性とは肝臓、筋肉などで
インスリンが正常に働かなくなった状態を指し

たとえインスリンがすい臓から分泌されても
筋肉、肝臓が血液中のブドウ糖を

取り込んでくれず血糖値が下がらないので
糖尿病につながっていきます。

 

で、パセリやタイムなどの
ハーブ系の香草などに含まれている
「フラボン」や

ブルーベリー、カシスなどに含まれている
「アントシアニン」の栄養素などが

そのインスリン抵抗性を改善するのに
効果的であることが分かってきたといいます。

 

それらをまとめて「フラボノイド類」と
呼んでいるみたいですけど

 

・インスリン抵抗性の改善と血糖値の低減効果

・炎症を軽減し、糖尿病
 肥満、ガンなどの発症を抑制する

・抗炎症効果、動脈硬化の抑制

 

などなどこうした効果が
期待されるという事になります。

 

アントシアニンが多く含まれる食材について

こうした美容健康効果が確認されている
「アントシアニン」の栄養素なので

やっぱり毎日定期的に
摂取していきたいところです。

 

主にアントシアニンを多めに
含んでいる食材としては

 

「果物」

・ブルーベリー ・カシス ・ブドウ

・アロニア ・チェリー ・ハスカップ

・プルーン ・ブラックベリー

・ラズベリー ・いちご ・クランベリー

・ビルベリー ・アサイーベリー


「野菜」

・なす ・紫芋 ・紫キャベツ

・紫玉ねぎ ・紫蘇の葉


「その他」

・黒豆 ・桑の実


と、こんなところでしょうか。

 

食材系で毎日摂取するのは
ちょっと難しいかな?という場合は

ブルーベリー系のアントシアニンが
多めに含まれているサプリメントなどを
摂取していくといいかなと感じます。

 

今回のまとめ

はい、今回はブルーベリーで有名な
ポリフェノールの「アントシアニン」について
紹介していきました。

 

眼精疲労や疲れ目だけでなく
抗酸化作用によるアンチエイジング効果に

インスリン抵抗性を改善することによる
糖尿病や動脈硬化などの予防効果など

美容と健康面にとっても
有効な栄養素だと分かりましたね~。

 

毎日のようにパソコン作業している自分も
毎日ブルーベリーのサプリや

冷凍ブルーベリーをヨーグルトに入れたりして
疲れ目対策などしています。

 

あなたも最近目がつかれていると
感じ始めていたら「アントシアニン」の
栄養素摂取をおすすめしますよ。

 

ではでは今回の内容は以上になります。
また次回にお会いしましょう。


「Sponsored link」



コメントを残す