ココアが便秘認知症や美容に効果的!栄養効能に妊娠中に飲んでも平気?

 

こんにちは、管理人のラトンです。

だんだん寒い時期になってきますと
温かい飲み物とか欲しくなりますけど

コーヒー、紅茶もいいですが
たまに飲みたくなるのが
ほんのり甘い「ココア」

 

あれって甘いので体への健康効果とか
どんなものなのかなーと思ったら

意外な事に美容や健康にとっても良い
働きをしてくれるそうですね。

 

チョコレートの原料にもなっている
カカオの実が原料になっているので

なんとなくダイエットなどには
良くないのかなーと思っていたんですけど。


「Sponsored link」

今回の内容はそんなココアの
栄養効能に妊娠中に飲んでも
大丈夫なのかどうか

そのあたり見ていきたいと思います。

では、しばしお付き合いくださいませ。

 

ココアが便秘認知症や美容に効果的!栄養効能に妊娠中に飲んでも平気?

ココアのカロリーや栄養素について

チョコレートやココアがカカオの実から
できているのはご存知だと思いますけど

カカオの実からカカオ豆を取り出して
乾燥し、発酵させてすりつぶしたものが
「カカオマス」

そしてあおのカカオマスを絞って
出てきた油分が「カカオバター」

で、搾りかすが「ココアパウダー」です。

 

つまりココアというのはカカオの実から
油成分をしぼったものをいうわけです。

 

この搾りかすそのままのものが
「純ココア」で「100gあたり271kcal」

「ミルクココア」が「100gあたり412kcal」と
なっていますね。

 

主に含まれている成分としては

 

・カルシウム、カリウム

・鉄分、マグネシウム、亜鉛

・カフェイン

・ポリフェノール

・トリプトファン

・食物繊維(リグニン)

・テオブロミン

・フラバノール

 

その他、ビタミンについても
少量ですが含まれています

では、ココアの主な美容健康効果は
どんなものがあるでしょうか。

 

ココアの体への健康効果について

「豊富な食物繊維で便秘を解消」

ココアに含まれているリグニンという
食物繊維は不溶性の食物繊維です。

そのため、腸管内の便のかさを増やして
腸壁を刺激し、蠕動運動を促すので
便秘の解消になります。

 

あと腸内の善玉菌を増やす効力に加えて
にんじん1本分よりも多い食物繊維を
含んでいます。

便秘の解消はそのままダイエットや
体全体の美容効果にも
つながっていきますから

体内からしっかり
デトックスしていきたいですよね。

 

加えて便の臭いを吸収し便臭を
改善する効果もあるということです。


「テオブロミンでリラックス効果」

コーヒー、緑茶などに含まれる
カフェインに似た物質ですが

脳内の癒やし物質の「セロトニン」に
働きかけて体をリラックス
させてくれる効果や

毛細血管などの血流の流れを
良くしてくれる働きがあるとされているので

女性の方には切実な冷え性や
むくみなどの症状の改善効果が
期待できます。

 

あとポリフェノールにも同じような
ストレスを和らげるリラックス効果が
ありますね。


「Sponsored link」

「認知症の予防にも」

「フラバノール」というちょっと
聞き慣れない成分ですけど

記憶の形成に関わるとされる
「歯状回」という部位が海馬の中に
ありまして

フラバノールを摂取した人たちは
記憶力の大幅な向上と改善が
見られたうえに

歯状回への血流も増えたといいます。

 

そのため、勉強における
記憶力の向上に加えて

認知症などの症状にもかなり
効果的に働いてくれるとされます。

 

あと、ココアポリフェノールにより
脳細胞の細胞死を抑制する効果も
あるといいますね。


「ココアポリフェノールで美容効果も」

体内には老化スピードを早める
活性酸素がありまして

ストレスや紫外線を浴びたりすることで
増えていきます。

 

対処していかないとどんどん
年齢と共に活性酸素が増えていくわけですが

ココアポリフェノールには
この活性酸素を除去してくれる効果もあります。

 

・美容美肌効果

・アンチエイジング効果

・肌の修復効果

・ニキビやニキビ痕の修復

・シミにしわなどの予防にも

 

現代社会においては体内の活性酸素の量も
増加傾向にあるようなので

意識的に抗酸化作用をもつ食べ物
飲み物は摂取しておきたいですね。

 

ココアは妊娠中お人が飲んでも平気?

妊娠中の妊婦さんの場合
カフェインを摂取しすぎるのは
良くないと聞きますよね。

 

日本の場合、1日に飲んでもいい
コーヒーの量は「1日に1~2杯程度」とのこと。

そしてココアにも
カフェインが含まれていますけど

カフェインの量はだいたい
「コーヒーの1/6程度」との事。

20151028-01

コーヒーと比較してみるなら
1日に飲んでもいいココアの量は
「6杯~12杯程度」なら問題はないことになります

 

まあさすがに1日にこんなに
ココアばかり飲む人もそういないと思いますが

実際飲むのはさすがに飲み過ぎなので
ほどほどな分量で止めておいてください(苦笑

 

カフェインという事で寝る前に飲むのは
寝付きが悪くなる可能性もありますので

寝る手前の数時間前に
飲むのは避けておきましょう。

 

今回のまとめ

はい、今回はココアの栄養効能に
妊娠中に飲んでも大丈夫なのか
そのあたりまとめてきました。

 

便秘、認知症、美容関係に
冷え性の改善やリラックス効果などなど
結構体への効果が多いことに驚きですね。

冬の寒くなる時期は温かいココアを飲みつつ
美容と健康などにも役立てていくといいですね

 

ではでは、今回は以上になります。
また次回によろしくお願いします。


「Sponsored link」


One Response to “ココアが便秘認知症や美容に効果的!栄養効能に妊娠中に飲んでも平気?”

  1. 波田純 より:


    普段何気なく飲んでいますが、ココアって凄いんですねー。

コメントを残す