エラグ酸で美白効果に糖尿病予防!多い食べ物に過剰摂取して大丈夫?

 

こんにちは、管理人のラトンです。

先日ベリー系の食品について
色々調べていき記事にしてみましたけど

その際に良く目にした栄養素が「エラグ酸」

 

普通に日常生活を送っている限りだと
多分あまり耳にしない栄養素だと思います。

主に美白効果を持つことで
知られるというエラグ酸ですけど

実は糖尿病などの予防にもなるという事で
注目されているそうです。


「Sponsored link」

今回はそのエラグ酸について
見ていこうと思います。

 

エラグ酸で美白効果に糖尿病予防!多い食べ物に過剰摂取して大丈夫?

エラグ酸の栄養素について

まず「エラグ酸」について、ですけど
天然ポリフェノールの一種であり

イチゴやブルーベリーなどの
ベリー系に多く含まれているといいます。

 

ポリフェノールという事でその中には
強力な抗酸化作用を含んでおり

主に美白効果を期待できるので
女性の方を中心に人気があるといいます。

 

1996年あたりには厚生労働省から認可を受け
化粧品などにも配合されるように
なったといいますから

まさに美白を目指すなら
摂取しておきたい栄養素なわけです。

 

ではその主な効果
効能についても見ていきましょう。

 

エラグ酸の主な効果効能について

「美白効果」

美白効果となると肌の漂白剤とも言われる
「ハイドロキシン」が有名ですけど

エラグ酸はその「ハイドロキシン」にも
匹敵するほどの美白効果を
持っているといいます。

 

肌などのシミ、そばかすが
できてしまう原因として

シミの主な原因はメラニン色素によるものですけど

色素細胞には「チロシナーゼ」という
酸化酵素がありますが

これが紫外線を浴びて活性化すると
どんどんメラニン色素が作られて
いってしまうんですね。

 

そして色素が沈着してシミやそばかすになってしまうと。

エラグ酸はそんなチロシナーゼの働きを阻害し
メラニン色素の生成を抑制してくれます。

そのため美白、美肌の効果が期待されるわけです。


「ガンの予防にアンチエイジング効果」

エラグ酸の強力な抗酸化作用は
美白だけにとどまりません。

 

正常な細胞ががん化したがん細胞は
エラグ酸によってその働きを抑えられて

更にエラグ酸はがん細胞に対して
自分自身を細胞死(アポトーシス)させる
働きもある事から

がん細胞の抑制に効果があるとされます。

 

あと抗酸化作用という事で
体内の活性酸素を除去して
肉体のさびをとってくれるので

若々しい状態を保つアンチエイジング効果も
あるとされていますね。

 

一緒にビタミンCを含むフルーツや
野菜などを食べればより効果的です。


「糖尿病の予防にもなります」

主に糖尿病は肥満や運動不足なのに
食生活などを改めず、生活習慣の悪化から

インスリン分泌がされなくなって
血中の糖度が常時高血糖状態に
なってしまうために起こります。

 

通常では体内に「アディポネクチン」という
物質が分泌されて

インスリン抵抗性を
防いでいるといいます。

 

インスリン抵抗性は
糖尿病の発症要因の1つで

そこには「レジスチン」という
悪玉分子が関係しているといいます。

 

そして、エラグ酸にはこの
「レジスチン」の分泌を抑制する働きが
ある事が分かってきたそうなんですね。

 

更には善玉分子の「アディポネクチン」には
特に影響がないというので

糖尿病予防のためにもエラグ酸の摂取は
効果的だという事が分かります。

一度発症する前の予防こそが
糖尿病においては最大の対策なわけです。

 

主な効果部分を改めて見てみますと

 

・美白効果

・ガンの発生と増殖の抑制、細胞死の促進

・アンチエイジング効果

・糖尿病の予防効果

 

やはり美容健康にとっても良い
栄養素なわけですね。


「Sponsored link」

エラグ酸を多く含む食べ物に過剰摂取しても平気?

さて、その美容健康効果一杯なエラグ酸。

多めに含まれる食べ物としては

 

・イチゴ

・ブルーベリー

・ラズベリー

・ブラックベリー

・ザクロ

・クランベリー

・アサイー

・ナッツ類

 

などなど主にベリー系
果物に多めに含まれています。

20151029-01

 

そしてこの「エラグ酸」ですけど
基本、ほぼ副作用がないことで知られており
過剰摂取しても問題ないといいます。

 

ただベリー系の果物などは
主にマメ科の植物が主原料なので

そういったものにアレルギーがある方は
ちょっと注意が必要ですね。

 

摂取する時はビタミンCと
一緒に摂取すると効果的で

ビタミンCの一日の摂取量は1500mgあたりを境に
バランス良く摂取していきましょう。

 

今回のまとめ

はい、今回は強力な抗酸化作用を持つ
「エラグ酸」について紹介していきました。

 

美白美容のみならず、がん細胞などの抑制に
糖尿病の予防など

美容と健康にしっかり働きかけてくれることが
よく分かりました。

 

主にベリー系の食品から摂取できますけど
その他サプリメントからも摂取できますので
どうぞ生活形態に合わせてエラグ酸を摂取して

美容健康に役立てていってください。

 

ではでは、今回の内容は以上になります。
また次回にお会いしましょう~。


「Sponsored link」

引き続き、エラグ酸を含む
果物系の記事などもどうぞご覧くださいませ。

⇒⇒⇒ブルーベリーの健康効能!サプリメントの効果に疲れ目にいい?

 

⇒⇒⇒クランベリーの美容ダイエットに効果的な食べ方に栄養効能は?

 

⇒⇒⇒ラズベリーはダイエット便秘に効果的?栄養効能に食べ方タイミングは?

 

⇒⇒⇒ハスカップはダイエット美肌貧血に効果的?栄養効能に美味しい食べ方は?

 

⇒⇒⇒ブラックベリーはダイエット美容便秘に効果的?栄養効能に種の食べ方は?

 

⇒⇒⇒カシスは目の下のクマ美肌眼精疲労に効果的!栄養効能に食べ方は?

 

⇒⇒⇒アサイーで眼精疲労や貧血改善!栄養効能に効果的な食べ方

 

⇒⇒⇒苺(イチゴ)はダイエット美容貧血予防に効果的!栄養効能に食べ方は? 

 

⇒⇒⇒くるみはダイエット動脈硬化に効果的?栄養効能に食べるタイミングは?

 


コメントを残す