高カカオチョコレートの美容便秘ダイエット効果!食べ過ぎの副作用は?

 

こんにちは、管理人のラトンです。

 

ここ最近スーパーなどでも話題性があるとして
注目されているのがカカオマス70%以上などの
「高カカオチョコレート」

 

自分もたまにチョコレート効果72%あたりの
高カカオチョコレート食べたりしてます。

大人になるとあのくらいビターな
甘さの方がちょうどいいですよね。

 

チョコレートのイメージで太るとか
肌荒れなどの原因になるなどの見方がある一方で

美容や便秘にダイエット効果もあるとして
高カカオチョコレートは人気を集めています。


「Sponsored link」

今回はそうした女性の方にとっては
何かと嬉しい効果が多い

高カカオチョコレートについて
見ていきましょう。

 

高カカオチョコレートの美容便秘ダイエット効果!食べ過ぎの副作用は?

高カカオチョコレートと普通のチョコはどう違う?

まずチョコレートの原材料にもなるカカオには

 

・カルシウム

・マグネシウム

・ビタミンE

・ミネラル

・食物繊維

・ポリフェノール

 

などなど色んな栄養素が含まれており

特に美容や健康におおいに効果がある
ポリフェノールが豊富に含まれています。

 

ポリフェノールといえば
ワインのイメージかもですけど

 

赤ワイン・・・100g中に0.3g

チョコレート・・・100g中に0.8g

 

といった具合に何気にチョコレートの方が
ポリフェノールの含有率は高いんですね。


そして高カカオチョコレートには
このポリフェノールたっぷりのカカオが
より多く含まれているのですから

普通のチョコレートよりも美容健康効果が
高いのはイメージしやすいかと思います。

 

ただ高カカオチョコレートの中でも
90%以上までいきますと

チョコレートというよりは
炭を食べているような感覚に近く
正直そのままだと結構食べづらい印象です。

 

個人的には70~80%あたりの
カカオマスチョコレートを食べていく方が
続きやすいかなと思います。

 

高カカオチョコレートの美容健康効果について

アンチエイジング効果

先ほど書きましたポリフェノールは
体内を酸化させて老化などを促進する
活性酸素を除去してくれる効果があります。

加えてワインよりもポリフェノールが
数倍多く含まれていますから

美容、アンチエイジングなどに
効果的に働いてくれます。

 

便秘解消にダイエット効果

意外と腸の働きを促進する食物繊維が豊富なので
便秘の解消に役立ってくれます。

あと食前や食後にチョコレートを食べることで
過剰な食欲を抑えこむ効果や

ポリフェノールの摂取で血流などがよくなり
冷え性改善からの体全体の代謝アップに
つながります。

20160222-02

あとは「エピカテキン」
呼ばれる成分が含まれており
これが体重の減少に効果的なので

うまい事摂取さいていけばダイエットを
効果的に進めていけるかと思います。

 

ストレス耐性がつく

カカオのポリフェノールには
体内のストレスを緩和する働きがあります。

日頃から「ストレス」を
受け続けている状況が続き、それが慢性化すると

 

・食欲不振

・血行不良

・肩こりに肌のくすみ

・お肌の荒れに乾燥

・ニキビや炎症など

 

といった具合にストレスは
かなり美肌美容によろしくありません。

 

カカオのポリフェノールは
このストレスを緩和させて

抵抗力を高める効果があるので
結果的に美容にも効果的という話に
なるわけです。

 

紫外線で肌のダメージを受けにくくする

チョコレートには「フラボノイド」と
呼ばれる成分が含まれており

これは皮膚の結構を
良くしてくれる効果があります。

そうなると太陽の紫外線を浴びても
肌へのダメージになりにくいというんですね。

通常のチョコではこの効果は得られないそうで
高カカオチョコレートならではの効果といえます


「Sponsored link」

高カカオチョコレートを食べ過ぎた場合の副作用はないの?

色々と美容美肌、ダイエット効果などがある
高カカオチョコレートですけど

それでも完全無欠な食品というわけではなく
食べる時に注意したいポイントが
いくつかあります。

 

通常のチョコよりは高カロリーです

なんとなくこれは意外だったんですけど
高カカオチョコレートということは
カカオの含有量が多いという事で

そうなると脂質が多くなるので
カロリーが高めな状態になります。

 

普通のチョコレートとくらべても
1.2~1.5倍近くは違うそうで

カカオマス72%程度の
高カカオチョコレートの場合は

25g程度が1日に食べると
いい適量だそうです。

 

幼児や妊婦の方は注意

カカオ豆には「テオブロミン」
「カフェイン」が含まれていまして

リラックス効果に
脂肪燃焼効果などがある一方で

 

その他のココアにお茶や
コーヒーなどにも含まれているので

美容健康効果を
意識するあまり過剰に摂取すると

興奮作用、利尿作用を
高めてしまうといいます。

特に幼児や妊婦の方は
あまり高カカオチョコレートを
食べない方がいいですね。

 

流産などのリスクが
高くなると言いますし・・・

あとテオブロミン、カフェインなどの成分に
敏感な場合も摂取は控えた方がいいでしょうね。

 

疲労を感じやすくなる?

あと高カカオチョコレートを食べ過ぎると
「コルチゾール」と呼ばれるホルモンが
以上分泌するという話もあります。

 

このコルチゾールですが

 

・タンパク質

・脂質

・炭水化物

 

など主要栄養素の代謝に関与する人にとって
欠かせない成分の1つである一方で

 

異常分泌すると

 

・集中力の低下

・頭痛の原因

・脳の海馬の萎縮

・難病指定のクッシング症候群の発症

 

といった具合に結構怖い症状を
引き起こす可能性もあるといいます。

 

今回のまとめ

と、いうわけで今回は
高カカオチョコレートの美容便秘に
ダイエット効果についてや

食べ過ぎた場合の副作用などについて
見ていきました。

 

まあ基本適量を食べてしっかり
栄養のバランスが取れた食事を摂取しておけば

副作用部分については
問題にならないかと思いますので

 

適切な量を守って定期的に
高カカオチョコレートを食べていけば

美容効果やダイエット効果など
期待できるでしょう。

 

くれぐれも食べ過ぎにはご注意ください。

 

では高カカオチョコレートの
ダイエット効果などについては以上になります。

また次回にお越しくださいませ。


「Sponsored link」


コメントを残す