ほうじ茶の便秘ダイエットへの効果効能!妊婦への影響は?

どうも~こんにちは。
美容健康エトランゼのラトンです。

 

冬の時期でも夏の時期でも
ほのかに香ばしい風味が美味しく感じる
「ほうじ茶」

 

自分もたまに緑茶やほうじ茶など
飲んだりしますけど

特に健康に気を使っているから
飲んでいるわけでもなく

まあひとまず美味しいからと
いった理由で飲んでます(苦笑

 

でもほうじ茶ってやっぱり
お茶というだけあり身体に
良いものなんですよね。


「Sponsored link」

今回はそんなほうじ茶について
便秘に冷え性、ダイエットへの効果効能に

妊婦さんへの影響はないのかどうか
調べていってみました。

 

普段飲んでいるほうじ茶について
ちょっと知っておくだけで多分
見方が変わるんじゃないかと思いますよ。

それでは見ていってみましょう。

 

ほうじ茶の美容ダイエットの効果効能!妊婦への影響は?

まずほうじ茶について

ほうじ茶は緑茶を更に炒って
焙煎していくことで出来上がります。

 

お茶っ葉の場合焙煎していくと
苦味や渋味が弱まって

カフェインの量が少なくなることで
飲みやすくなるという利点が出てきますが

 

それはつまりお茶っ葉本来の効果を
弱めてしまうという事にもなるわけですね。

他のお茶などよりも効能的には
ちょっと弱くなってしまうとの事。

 

そのため、よりダイエットや
ガンなどの予防に飲む場合は
緑茶の方が効果としては高くなるようです。

まあ、お子さんやお年寄りの方が
リラックス効果を求めて飲む場合には

ほうじ茶位の強さが丁度
いいんじゃないかなと思います。

まあそれでも以下の様に
様々な栄養素が含まれていますね。

 

ほうじ茶に含まれる成分と効果について

「テアニン」

主にお茶などに含まれるアミノ酸の一種であり
主に十分な日光を浴びて育てられる

高級茶葉の玉露、抹茶などに多く含まれます。

 

主にリラックス効果
与えてくれる力を持つんですけど

通常の緑茶などの場合だと
カフェインの力が強いので

テアニンのリラックス効果が打ち消されて
興奮状態になってしまいます。

 

しかしほうじ茶の場合焙煎することで
カフェインとテアニンの栄養素を
壊してしまいますが

その過程でカフェインが半分以上壊れるので
リラックス効果を得るとしたら
ほうじ茶の方が適任という形になるわけです。

20150709-09

あと焙煎していくことで
独自の香りが発生し

これにはテアニンを超えるほどの
リラックス効果が含まれているといいます。

 

あとテアニンは筋肉を弛緩させ
血管を拡張させる効果を持つので
冷え性改善や

脳の神経細胞を鎮める鎮静効果などを持つので
快眠したい方にもぴったりです。


「カテキン」

お茶の栄養素としては有名ですよね。

カテキンは脂質と糖質の吸収を抑えこみ
体内の体脂肪の燃焼をサポートしてくれるので
ダイエットなどにも効果的です。

 

あとはウィルスの殺菌効果を持つので
口臭や虫歯に対しての予防効果に

老化防止のアンチエイジング効果

 

更には腸内の悪玉菌に対して
強い殺菌効果を持つので腸内環境の改善や

血圧の調整効果で動脈硬化、脳卒中など
血管が詰まることで起こされる
病気の予防にもなります。

 

まあ先述したとおり緑茶に比べると
ダイエット効果などは若干弱くなっているので

ダイエット目的で飲む場合は緑茶の方が
効果的でしょうか。


「Sponsored link」


「クロロフィル」

クロロフィルは植物の葉緑素のことで
主に血中のヘモグロビン値を上昇させて

貧血、冷え性などを
改善してくれる効果を持ちます。

 

このためコレステロール値の減少に
血液をサラサラにしてくれる効果ももつので

動脈硬化に高血圧などの
予防に役立ってくれます。

 

あとは重金属などの有害物質を
体外に排出してくれる効果をもち

このためガンに対しての
予防効果も期待できます。


「ビタミンC,ビタミンE」

どちらも美容とアンチエイジングには
欠かせないビタミンですね。

 

ビタミンCの場合、単体でも
シミ、ソバカスの予防など美容に
良い効果を発揮してくれますけど

コラーゲンも一緒に摂取することにより
コラーゲン合成が活発になり

体内で新しいコラーゲンが生成されていきます。

 

年齢とともにコラーゲンは少なくなっていくので
意識して一緒に摂取していくと
若がりの効果を実感できるのではないかと。

ちなみにほうじ茶に含まれれている
ビタミンCの含有量はレモンの約5倍だと
いいますよ。

 

あとビタミンEが不足していくと
皮膚の酸化によってシミや皮膚の張りが
なくなっていき

抵抗力も弱くなっていってしまいます。

生活習慣病などのリスクも高くなっていくので
適度にこれらのビタミンは摂取していくのが
大事です。

 

ほうじ茶を適量
毎日飲んでいくと効果的ですよ。

 

ほうじ茶は妊婦さんでも飲める?

妊娠中の妊婦さんの場合
カフェインが含まれている飲み物は
出来るだけ控えた方がいいとされています。

どうして控えた方がいいのか?

 

それはカフェインは胎盤を通りやすく
胎児の身体に移っていき

胎児の中枢神経を
覚醒、興奮させる作用を与えてしまい

子宮内の胎児発育の遅延リスクが
高まってしまうそうなんですね。

 

更にカフェインの摂取により
カルシウム、鉄分の吸収を阻害してしまうそうで

知らずにカフェイン系の飲み物を飲んでいると
貧血などの症状に悩まされるという事態に・・・

 

150mlあたりに約30mgのカフェインが含まれていて
妊婦さんの場合、1日100mg程度のカフェインなら
特に問題はないとされています。

1日1杯~2杯程度なら大丈夫かなと。

 

もしくは麦茶ならノンカフェインで
心配ないですし、食物繊維、ミネラルも

一緒に摂取できるので
何気に栄養補給につながります。

 

食べ物と違って消火に時間がかからず
そのまま栄養が胎児にいきますから

ちょっと妊婦の方はこのあたり
考えつつ、どの飲み物にカフェインが
多く含まれているのか

調べてみるのもいいかなと思いますね。

 

今回のまとめ

はい、そんなわけで今回は
ほうじ茶の便秘、冷え性、ダイエットへの効果に

妊婦の方への影響はどんなもんがあるのか。

そのあたりまとめていきました。

 

緑茶などに比べると安価に手に入るので
手軽に飲んでいくことができ

カフェインが少ないのでリラックス効果を
得たい方には丁度いいかなと思います。


「Sponsored link」

日々仕事疲れでちょっとイライラが
溜まっている方はほうじ茶などを飲みつつ
一息入れてみてはいかがでしょうか。

ではでは、今回の内容は以上です。
最後までお読み頂きありがとうございますw

ではでは~。

 

引き続きほうじ茶のレシピについても
ご覧くださいませ~。

⇒⇒⇒ほうじ茶に副作用はある?やかんでの美味しい作り方入れ方

 

⇒⇒⇒ほうじ茶で便秘解消・妊婦も安心な簡単人気お菓子レシピ

 


コメントを残す