唐辛子の栄養に脂肪燃焼ダイエットに効果的?危険性はないの?

どうも~こんにちは、管理人のラトンです。

 

料理などにピリリと
辛い味わいを与えてくれる「唐辛子」

 

日本でも結構古くから扱われてきた食材でもあり
江戸時代の頃には七味唐辛子のうちの
1つの薬味として

漢方薬としても使われていたともいいます。

 

七味唐辛子って海外に観光でやってくる
外国人の方々にも人気を集めているといいますね。

そして最近だとこの唐辛子の辛味を利用した
「唐辛子ダイエット」なるものも
ちょっとブームになっているみたいです。

 

確かに辛いから汗出てきますし
体ポカポカしてくるでしょうから
なんとなくダイエットに効果的な
イメージがありますけど。。

しかしあの辛さですから摂取のしすぎは
逆に危険なんじゃないだろうかとも
思ってしまいます。


「Sponsored link」

今回はひとまず唐辛子の栄養効果や
ダイエットに使用する場合に
危険はないのかどうか。。

そのあたり見ていこうかなと思います。

 

唐辛子の栄養に脂肪燃焼ダイエットに効果的?危険性はないの?

唐辛子の栄養効能について

唐辛子ですけど

ナス科、トウガラシ属

に属する食材で仲間に
ししとうやピーマンなどがあります。

 

品種的には辛味型、甘味型などがあり
辛いのは「鷹の爪」「虎の尾」などで

甘いのはピーマンの品種に
なっているといいます。

 

辛味が少なくてちょっと甘みのあるタイプは
獅子唐辛子(ししとう)となっているようです

20150818-01

栄養素の方を見てみますと
それなりに栄養素は豊富であり

ビタミンE、A、B6あたりが豊富で

ミネラル成分については
カリウム、マグネシウム、銅あたりが多めです。

 

しかしあの辛さなので
あんまり多く食べることができない以上
栄養素の摂取という点では

過度な期待はできないかなと思います。

 

しかし少ない量でも効果を感じる事ができる
「カプサイシン」を含んでいる点が
重要なポイントのようです。


「カプサイシン」

辛味成分のカプサイシンは摂取することで
脳や脊髄などにある中枢神経を刺激して
アドレナリンなどのホルモン分泌を促します。

 

そうすると脂肪を分解するための酵素が活性化し
脂肪が分解しやすい状態になります。

代謝も活性化するので体が熱くなり
発汗も促進されて血行も良くなります。

 

そうなると体内の老廃物の排出を促し
デトックス効果など期待でき

疲労の回復やダイエットに効果的な
肉体作りが可能になるわけです。

 

効能的な部分を箇条書きにしてみるなら

 

・代謝の活性化

・発汗作用

・血行の改善

・冷え性の改善

・むくみの解消

・肩こりの改善

・体のデトックス効果

・脂肪分解効果

・食欲の増進効果

・疲労回復効果

・生活習慣病の予防

・発毛促進効果

 

などなどこのあたりの効果を
得ることができるといいます。

発毛促進効果のあたりは
個人的に初耳でしたね。


「美容への効果について」

先ほど書いたように

唐辛子の摂取により体内の老廃物を
体外に排出する効果があるので
デトックス効果などが期待できます。

 

辛味成分のカプサイシンの他にも
ビタミンE、A、B6あたりは豊富で

特にビタミンEは「美容のビタミン」
言われるほどに抗酸化作用に
優れたビタミンなので

体内の老化やアンチエイジング効果
などが期待できます。


「Sponsored link」

唐辛子を使ったダイエットについて、危険性はないの?

唐辛子をダイエットに使う方法としては
主に唐辛子を日常的に料理に使用したり

唐辛子が含まれる調味料
例えば七味唐辛子とかですね。

 

あのあたりを料理にかけて食べて
その後で有酸素運動を行うのが
ベストとされています。

ジョギングに水泳、サイクリングに
ダンベルを持ち上げたりするのも
有酸素運動だといいますね。

 

唐辛子はあくまでも
脂肪を分解しやすい状態にしてくれるものであり

脂肪を燃焼してくれる効果は
そんなにないわけです。

 

つまり唐辛子をダイエットに使用する場合は
食後に有酸素運動を行って脂肪を
燃焼しないといけないわけですね。

 

通常有酸素運動を行って
脂肪が燃焼し始めるまで20分以上は
かかるそうですが

唐辛子を食べてから行うと
この時間を短縮することができるといいます。

 

唐辛子を摂取することで危険な部分はないのか

このように体への美容と健康効果は高そうな
唐辛子なわけですが

過剰な摂取はやっぱり体に悪いみたいですね。

 

カプサイシンの栄養成分は少量なら
胃腸を刺激して活性化させるので
健康にいいですが

過剰摂取は胃腸に負担をかけて
かえってお腹を痛めてしまうとか。

トイレの時とかも大変だといいますよ。
出す時かなり痛むそうですしΣ

 

夏バテへの食欲不振対策にも
効果のある食材なので、ダイエットに使う場合
食欲が上がってしまうというケースも。

 

あとは辛い料理を食べた後って
次に食べた料理の味が分からなくなる事が
ありますけど

唐辛子を日常的にバクバク食べていると
味覚が鈍ってしまうともいいます。

 

辛いもの食べ続けると
舌の味覚細胞の部分がかなり
潰れてしまうようなので

ほどほどにしておかないと怖いですね。。

 

今回のまとめ

はい、今回は唐辛子の栄養効果に
脂肪燃焼やダイエットに効果的なのか?

そして危険性はないのかどうか。
このあたりについて書いていきました。

 

少量でもカプサイシンによる
脂肪分解の効果がある点は優れた部分ですけど
過剰摂取するのは控えておきたいところですね。

まああの辛い唐辛子を過剰摂取するのも
かなりの辛いもの好きな人じゃないと
無理なような気もしますが。。

 

扱いに注意しつつ適量を摂取していけば
まずは問題ないかと思います。


「Sponsored link」

夏の時期は特に汗をかいて
脂肪を燃焼しやすいですから

熱中症などに注意しつつ
唐辛子効果でダイエットに
励むのもいいかもですね。

ではでは、今回の内容は以上になります。
また次回にお会いしましょう~~。

 

引き続き関連性のあるししとうについての
栄養効果などについてもどうぞ御覧くださいませ。

⇒⇒⇒ししとうの栄養効果に保存方法!青唐辛子との違いは?

 


コメントを残す