チアシードの栄養効能!便秘解消ダイエットに効果的な食べ方

こんにちは、管理人のラトンです。

チアシードっていう種をご存知でしょうか。

 

米国FDA(米国食品医薬局)で
栄養補助食品として認められ

アメリカの方でも大ブレイクして
最近ですと日本でも注目を集めて

モデルの方々の間でも人気が出ている
スーパーフードのことです。

 

見た目は小さい黒ゴマみたいなんですけど
その1粒1粒に身体に良い栄養素が
たくさんつまっているといいますね。


「Sponsored link」

今回はそのチアシードについての
栄養や効能、便秘解消にダイットの効果を

発揮する食べ方などについて
紹介していきたいと思います。

ではでは、早速いってみましょー。

 

チアシードの栄養効能!便秘解消ダイエットに効果的な食べ方

そもそもチアシードって何?

微妙に聞き慣れないチアシードですが
メキシコなどの中南米あたりで栽培されている

シソ科サルビア属のミントの一種とされています。

 

マヤ、アステカ文明では
先住民族が栽培していたもので

歴史的に見てもなかなか重要な
食材とされています。

 

マヤの言葉において「チア」は強さを表し
「シード」はそのまま種を表します。

一説によれは

「人の生命維持には
 チアシードと水があれば事足りる」

と言われるほどの栄養価を持つとの事。

20150902-01

「強さの種」の意味を持つチアシードは
マヤの人たちにとっては生きる源ともいえる
大切な栄養源だったんでしょうね。

食料としての用途の他にも
顔や身体に塗る塗料にした
生活に密接にかかわっていたとされています。

 

チアシードの栄養素について

チアシードに含まれる栄養素として
大さじ1杯(10g)ほどの場合は

カロリー 49kcal

タンパク質 1.6g

カルシウム 63mg

マグネシウム 34mg

亜鉛 0.46g

鉄 0.77mg

オメガ3脂肪酸 1.78g

食物繊維 3.4g

といった具合になっていますね。

 

このあたりもうちょっと
詳しく見ていきましょうか。


「オメガ3脂肪酸のαリノレン酸が豊富」

以前記事にした「えごま油」「亜麻仁油」
同じように「オメガ3脂肪酸」だったわけですが

⇒⇒⇒えごま油の健康効能にアトピー花粉症への効果は?副作用はない?

 

⇒⇒⇒亜麻仁油の美容ダイエット効果にどんな味?えごま油との違いは?

 

チアシードの方にも
含まれている栄養素だったりしますね。

 

αリノレン酸は脂肪酸の1つであり
人間の体内では合成することが
できない必須脂肪酸なので、

外から摂取する以外に
摂っていく方法がありません。

 

えごま油や亜麻仁油同様に
身体にとってとっても良い油で

体内で魚などでよく聞く「DHA・EPA」などに
変換されるので、以下の様な健康効果が
期待できます。

 

・学習能力、記憶力のアップ

・認知症、アルツハイマーなどの予防に改善

・生活習慣病などの予防に改善

・動脈硬化、高血圧
 脳卒中など血栓系のトラブル

・糖尿病などの予防に改善

・うつの予防に改善

・美肌、美容、アンチエイジングの効果

 

といった具合に女性の方や
健康を気にしている中年男性から
高齢者の方まで幅広く効果を発揮します。

ちなみにだいたい大さじ1杯程度で
1日のオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)の
摂取基準をまかなえるとのことです。

なんともすごいッ


「必須アミノ酸も豊富です」

人間の体を構成するアミノ酸の種類は
20種類ありますがその中で

体内で合成することができない
アミノ酸が9種類ありまして
これらを「必須アミノ酸」と呼びます。

 

このため「必須アミノ酸」については
体外から食事として摂取していく必要が
あるわけですが

チアシードには
この必須アミノ酸が8種類含まれているとか。

 

植物性タンパク質としても
奇跡の食べ物と言われるほどでその効果は

・成人病の予防

・ダイエット効果

・若返り、アンチエイジングの効果

このあたりの効果が期待できます。

 

大体必須脂肪酸が多く含まれているものは
動物性の食品でありカロリーなどを
心配する人が多いかと思いますが

チアシードならその心配が
ないって事になりますね~。


「2種類の食物繊維で便秘解消効果」

寒天の栄養についての記事でも
ちょっと書きましたけど

⇒⇒⇒寒天の栄養効能に便秘解消効果!ダイエットで食べるタイミングは?

 

寒天と同様にチアシードにも
「水溶性」「不溶性」の食物繊維が
バランス良く含まれています。

 

効果として書いておきますと・・・

「水溶性食物繊維」
保水性が高いのと
ヌルヌルした粘性を持っているのが特徴で

昆布とかもずくとか
こんにゃくなどに多く含まれます。

 

糖分の吸収速度を緩やかにし
食後の急激な血統上昇を抑える低GI食品の
働きをしてくれます。

血中のコレステロールも減少させる働きあり

腸内で善玉菌の餌になって
腸内環境改善に一役買って出てくれます。

 

これで便秘解消の効果が期待できるわけですね。


「Sponsored link」


「不溶性食物繊維」
こちらはし水に溶けにくい食物繊維であり
水分を吸収して膨張する効果を持ちます。

 

このため腸内を移動する時に
腸を刺激して蠕動運動を促し
便秘解消へと繋がるわけです。

他にも痔の予防に改善
高血圧や血糖値の改善効果なども
確認されています。


チアシードを水に入れて膨張させると
ジェル状になって膨らみますが

このジェル状の成分は
こんにゃくの記事でも触れた
「グルコマンナン」という食物繊維ですね。

⇒⇒⇒こんにゃくに栄養ない?ダイエット便秘解消効果!保存方法について

 

お腹の中で膨張するという事は
それだけ少量の摂取で空腹感が
満たされるという事。

つまりはダイエット効果が
期待できるというわけです。

 

あとは食物繊維の量としては玄米の約8倍

大さじ1杯でレタス300g程
食物繊維を摂取するのと同等の効果が
得られるそうですよ。

まさにスーパーフードですね。

 

チアシードの効果的な食べ方として

見た目が種なチアシードは
特に癖のない食品で食べ方としても
いろんなバリエーションが期待できます。

 

ただ予め水分に浸して戻しておかないと
お腹の中でパンパンに膨らんで
まずい事になるので

食べようかなと思った数時間前には
水に入れて戻しておく必要があるかと。

 

一般的な食べ方としては
ヨーグルトに入れて混ぜ込んで食べるやり方。

シリアル、オートミール
スムージーなどにいれる食べ方もありますね。

 

ドレッシングに入れて
野菜とヘルシーに食べたり

もしくは卵の代用品として
チアシードを使用し焼き菓子なども作れます。

卵アレルギーの方の場合
これはなかなか嬉しいニュースじゃ
ないでしょうか。

 

結構応用範囲が広いので
色んな食べ方を模索してみるのも
いいかなーと思います。

 

なかなか普通のスーパーなどだと
お目にかかれないかなと思う
チアシードですけど

ネット通販なら
比較的簡単に手に入れる事ができますね。

20150902-03

⇒⇒⇒【[送料無料]チアシード200g(ホワイトチアシード) 】

こちら気になった方は
是非試してみてください。

 

今回のまとめ

はい、今回はとっても栄養価の高い
チアシードについて紹介していきました。

 

ダイエット効果のみならず
健康、デトックス効果

それに美肌アンチエイジング効果と
身体にも健康にもいい効果が
たっぷり詰まったチアシード。

 

是非日常生活の中に取り入れて
毎日の美容健康維持に役立ててみては
いかがでしょうか。

ではでは、今回の内容は以上になります。
また次回にお会いしましょう~~。


「Sponsored link」


コメントを残す