すだちの食べ方に皮にダイエット効果?栄養効能に利用法など

こんにちは、美容健康エトランゼのラトンです。

 

秋の時期に旬を迎える「すだち」

普段はあまり意識しない食べ物ですけど
魚料理やうどんなどに果汁を垂らすと
すごいさっぱりして食欲が増しますよね。

実はこの「すだち」美容効果、健康効果が
すごいとの事で注目を集めているともいいます。


「Sponsored link」

ダイエット効果や疲労回復効果など
様々な効能を秘めている「すだち」

今回はその「すだち」について
中心に書いていきたいと思います。

それでは見ていってみましょう。

 

すだちの食べ方に皮にダイエット効果?栄養効能に利用法など

すだちのカロリーや栄養効能など

まず最初にすだちは徳島県の名産品だそうで
だいたいゴルフボールくらいの小さい大きさです

そして何かと似ている「かぼす」
大分県の名産品でテニスボール程度の
大きさなんだとか。

人気の度合いでいうと「すだち」が
人気のようですね。

 

カロリーについてですが
「1個7g程度で1kcal」程度だそうで

「100gだと20kcal」ほどのようです。

とってもローカロリーですよね。

 

色んな栄養素を含んでいますけど
果肉の部分にはリモネン

果汁には多くのミネラルに
クエン酸、ビタミンCなどが豊富です。

皮の部分にはビタミンAに
カルシウムなどが豊富だといいます。

 

そのあたりもう少し詳しく
見ていってみましょう。


「リモネン」
レモン、柑橘系を代表する精油成分で
その香りには精神の状態を鎮静させて
心を落ち着かせる効果があるといいます。

 

不安を感じたり
すごいいらいらしている時に

すだちの香りをかぐと
イライラの脳波を減らして
ストレスの解消に役立ってくれるわけです。

 

他にも主な効果としては

・覚醒効果

・ガンの予防に抑制する効果

・ダイエット効果

・育毛を促進する効果

・抜け毛を予防する効果

・食欲増進効果

などなど色んな効果を含んでいます。

 

特にガンの予防、転移再発の防止などにも
期待でき今後のさらなる研究が
期待されています。


「ビタミンCが豊富」

レモンなどを代表するビタミンCですけど
すだちにも豊富に含まれていまして
100gあたり

 

すだちの果皮・・・110mg

すだちの果汁・・・40mg

レモン果汁・・・100mg

 

と何気にすだちの果皮部分は
レモンよりもビタミンCが
豊富なんですね。

20150920-01

ビタミンCの主な効果としては
美肌効果に加えて

風邪などに対する免疫機能の
アップなどがあげられますけど

 

他にも

「動脈硬化」「狭心症」
「心筋梗塞」「大動脈瘤」

など、血栓系や心臓血管などの
病気に効果があることが
分かってきているといいます。


「クエン酸」

そしてすだちの酸味の正体となるのが
「クエン酸」でして

このクエン酸が体内で不足していると
糖質がエネルギーに変換されなくなってしまい
体内に蓄積していくというんですね。

 

つまりその分体脂肪が増えていくので
肥満の原因になったり

乳酸などに変化するために
疲れやすく感じるようになる。

こういったデメリットがあるわけです。

 

あとはクエン酸にも
血液をサラサラにする効果があるので

動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など
血栓系トラブルや心臓の病気の予防に
効果を発揮してくれます。

疲労回復効果から夏バテの改善にもいいですね。


「カリウム」

割と豊富に含まれているのが「カリウム」で
体内の余分な塩分を体外に排出する効果があり

この作用から高血圧
成人病などの予防効果に加えて

体の各所のむくみを
解消してくれる効果も期待できます。

 

昨今は塩分が多めの食事を摂取する傾向が
強いというので

こうしたカリウムを含む食べ物は
定期的に摂取していきたいところですよね。

 

他にもビタミンA,カルシウムなども
多く含まれている

なかなか優秀な食材といえるでしょう。


「Sponsored link」

すだちの皮にはダイエット効果が?

さて、すだちの皮にはダイエット効果が
あるとのことですけど

それは「スダチチン」という
ポリフェノールの一種が関係しているといいます

 

全く聞き覚えのない栄養素だったんですけど

どうもこの「スダチチン」

体の脂質の代謝を改善し
体重の増加を抑制する効果があることが
分かったといいます。

徳島大学の実験によると
高脂肪食を与えているマウスに

体重1Kgあたり2mgの
スダチチンを与えたところ

12週間後の内臓脂肪量は
何も与えていないマウスの
約半分に低減。

 

すだちの皮に内臓脂肪を
落とす効果があり

体重増加やメタボリック
シンドローム抑制に
つながるのではないか

とされている

と、こういった具合ですね。

 

主な食べ方となると

・搾って果汁を料理にかける

・皮を摩り下ろして使う

・うすくスライスする

などがあげられます。

 

・すりおろして刺し身、焼き魚の薬味に

・うすくスライスして紅茶に入れて飲む

・輪切りにしてハチミツ漬けに

・果汁をパスタなどにいれてみる

 

などなど応用範囲は割と広いと思います。

 

他のすだちの活用法としては?

あと、皮まで丸ごとすだちを生かすとしたら
「塩すだち」なんて代物もあります。

以前紹介した「塩レモン」
似たものを感じますけど

⇒⇒⇒塩レモンの美肌美容効果!失敗しない簡単な作り方と途中経過!

 

基本和風の食材なので出来上がった塩すだちは
白身魚や刺し身などと相性がいいんですね。

 

作り方もとても簡単で

・すだち・・・約300g

・塩・・・約90g(すだちの約30%

これらを用意してよく洗った
すだちの水分を拭き取ったら

ヘタと平行に半分に切りまして
また半分に切ります。

 

それらに塩をよく揉み込んだたら
保存瓶の中に入れて

あとは時々混ぜて様子を見つつ
1週間程度経過したら完成です。


あとすだちのリモネン効果を利用して
お風呂に入れて入浴しながらリラックス。

なんて効果も期待できます。

最近ちょっと仕事が忙しくてイライラしがち・・
そういった時試してみてはいかがでしょうか。

 

今回のまとめ

はい、今回はすだちの栄養効能に食べ方
それにダイエット効果などについて
紹介していきました。

 

秋の時期に旬を迎えるすだちは
この時期に多くで回りやすく

お値段もお手頃ですから
今回紹介した内容を試す場合は
この時期がおすすめですかね。

 

どうぞ秋の時期に旬を迎えるすだちで
美容健康効果を実感しましょう~。

では、今回の内容は以上です。
また次回にお会いしましょう。


「Sponsored link」


コメントを残す